トヨタが販売する低燃費の車下取り

トヨタが販売する車の中で、やはり低燃費で一番有名なのはプリウスでしょう。プリウスの販売が開始されたのは1997年のことで、世界初の量産ハイブリッド専用車として注目を浴び、業界にも大きな衝撃をもたらしました。

しかしトヨタが手がけるハイブリッドカーはプリウスだけではありません。例えば、高級車のレクサスからハイブリッド専用車を販売したときも、大きな注目を集めました。

プリウスの燃費は35.5km/L、リコール問題が発生している新型プリウスで38km/Lです。対してレクサスのハイブリッド車は23km/L。軽自動車と比較しても遜色ないこの数字は、高級セダンの中では群を抜いている存在です。

また世界初のハイブリッドミニバンとして登場したエスティマハイブリッドもトヨタの販売する低燃費車のひとつです。その燃費はなんと20km/L。

軽自動車でも燃費の悪いものは20km/Lのボーダーを越えることができない中で、ミニバンでこの数字を弾き出すとは、さすがハイブリッドカーです。

また、トヨタはプリウスよりさらに小型の新しいハイブリッド車を開発中で、23年には販売を開始する予定のようです。実現すればこの小型ハイブリッドカーの燃費は新型プリウスを上回る40km/Lになると言われています。

ハイブリッドカーの分野で一歩先を行くトヨタが、これからどれだけ低燃費を実現してくれるか期待しましょう。

おすすめ!


COPYRIGHT(C) 自動車査定をするなら車買取価格表やランキングを活用するALL RIGHTS.