低燃費による自動車減税と買取

低燃費車で減税という話はよく聞きますが、具体的に何がどうなってどれくらい減税されるのか、よく知らない人も多いのではないでしょうか。

自動車減税はいろいろややこしく、さらに2010年の4月からも暫定税率が廃止されたりと、いろいろ変動します。一度詳しくおさらいしてみましょう。

自動車税は地方税法に基づく普通税です。車の持ち主に対して課せられ、その車の定置場がある都道府県に納められます。

金額は自家用車で3万円程度から多いものではおよそ11万円まで、車の排気量に準じて決定されます。低燃費による自動車減税で一番よく聞くのはエコカー減税ではないでしょうか。

エコカー減税は、環境対応車普及促進税制と呼ばれるもので、平たく言うと、環境に優しい車に対して特別に適応される減税制度のことです。

ハイブリッドカー、電気自動車、クリーンディーゼル車などの次世代エコカーに関しては全額免除対象となります。

ガソリン車に関しては、燃費性能と排ガス中の有害物質の量に応じて50%~75%減税されます。

また、エコカー減税は中古車にも適用されますので覚えておきましょう。車の重量を基準にして課せられる重量税も、新車と同じ基準で2年間減税されます。

これは、エコカー減税が実施される前に購入していても、乗り続けている限り適用されるものですので、車検の際には気を付けると良いでしょう。

この他に、エコカー補助金という環境対応車への買い替えに際して特別に補助金が支給される制度もあります。こちらも2010年の4月までとなっています。

低燃費の車に乗り換えるなら、減税が適用されやすい今がチャンスと言うことですね。

おすすめ!

1時間に一回の尿意、残尿感、旅行に行けない、団体行動できない、捨て身で頼ったアノ有名なノコギリヤシの効果はあるのでしょうか?
頻尿 対策


COPYRIGHT(C) 自動車査定をするなら車買取価格表やランキングを活用するALL RIGHTS.