中古車査定について

車種(中古市場での人気度)

現在の自家用乗用車の一般的な傾向であるが、伝統的(古典的)なセダンやクーペタイプは査定が安く、ミニバンやオフロード系4WD、ステーションワゴン(大きな分類として"SUV"スポーツユーティリティビークルと呼ばれる)などのタイプは査定が高い傾向にある。しかしミニバン・ステーションワゴン・4WD等のSUVも市場では飽和状態になりかけており、買い取り・販売価格ともに安定期から低迷期になりかけてもいる。一方、軽自動車は税金や保険料などの維持費の安さから、地方を中心に一定の中古市場があり値崩れしにくい事から、すぐ上の1000ccクラスよりも高査定が付くことが多い。

グレード(装備品を含む)

車種によって多数のグレードがあり、グレード毎の差に主要装備はもちろん、排気量に差がある場合もあるので査定額に大きく影響する。社外装備品も評価はされるが、綺麗に付けられているか、その車種に見合ったものかどうかも判断されるため、査定額が上がるとは限らない。むしろ純正部品に戻さなければならないと判断された場合査定額が下がるケースもある。

年式

年式が新しいほうが高査定額になるのは言うまでもないが、同車種同年式でもマイナーチェンジやモデルチェンジなどで査定額に大きな差が出る。

走行距離

軽自動車の年間標準走行距離は8,000km、普通車は10,000kmというように一定の目安があり、それを超えると減額されそれ以下の場合増額される。ただし、自動車も機械であるのである程度動かしていないと動作不調に陥りがちであり、年数から見て極端に少ない走行距離物件を探すのは困難である。これらの点で、双方に有益なのが中古車情報誌、および中古車情報検索用のウェブサイトである。 また、インターネットオークションに中古車販売業者が店頭展示中の中古車を並行して出品していることも多い。代表的な情報誌としては、以下のものがあげられる。カーセンサー(株式会社リクルート) Goo(株式会社プロトコーポレーション)カッチャオ(株式会社シイ・アイ・エス、株式会社MGコーポレーション、株式会社リクルート西日本カーセンサー、株式会社ティーネット) これら情報誌のデータベースと連動したウェブサイトもそれぞれ用意されている。さらにこれらの情報誌を持たない中古車情報のインターネット専門サイトとして以下のものがあげられる。車選びドットコム(株式会社ファブリカコミュニケーションズ) CarTown.jp(株式会社サイバーブレーン) carview(株式会社カービュー) また中古車情報サイトには、中古車販売業者が開設しているものも多く存在する。引用wiki

おすすめ!


COPYRIGHT(C) 自動車査定をするなら車買取価格表やランキングを活用するALL RIGHTS.